2007年07月20日

ビアグラスでビールの味が変わる?

ビアグラスでビールの味が変わるというと顔を斜めにする人も多いと思います。でも実際に缶ビールと口の薄いグラス(ワイングラス等が実験ではグッド)にビールを入れて飲み比べてみればその違いはすぐにわかります。口の中に拡がる小麦の香りは本当に微かな苦みと風味なのです。缶ビールの缶にいれたままでは、その風味を味わうことができません。なぜなら空気穴を自分の口でふさいでしまうのですから・・それに対してワイングラスなどのグラスにビールを入れて飲むとその香ばしい香りを鼻から楽しみ、オイシイ苦みを舌とのどごしで感じることができます。


このように同じビールでも飲むグラスによって大きく味が異なってくるのです。あなたは毎日の晩酌をどうしていますか?缶から直接飲んでいますか?それはもったいないです。是非ともビアグラスやガラスのグラスに変えてみましょう。毎日の疲れの取れ具合が変わってきますよ(笑)こうしたビールの味の変化については気付いている人も多く、毎年多くのビアグラスが発売され、高い売上げを記録しています。最近の人気はステンレス製のビアグラスです。保冷効果が高く、ビールをいつまでも冷たい状態に保ってくれます。
ぬるくなったビールほど不味いものはないですからね。


おしゃべりに夢中になっていても冷たいビールを保ってくれるこうしたステンレス製のビアグラスが最近では人気です。暑い夏、仕事を終えて帰ってくるお父さんに本当に喜ばれるプレゼントといえば、こうしたビアグラスをおいて他にないでしょう。
ラベル:グラス ビール
posted by beerlady at 16:02| ビアグラスについての記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。